2016年08月12日

【日記・日常】 飲み物入れ物〜ボトル、タンブラー、アイスコーヒーメーカー

 お手ての機械油の匂いが、取れなくなりつつあります。
こんばんは BFNです。


 仕事のストレスもあり、
ブログはじめ趣味全般に動きが無くなりつつあります。
このままでは精神的にヤバイ方向に行きそうなので
多少強引にでも行動することで、
精神的にもアクティブに持って行こう・・・うん。
まずは週一ペースでの日記更新だ。


 さて、体力勝負の今の職場。
水分補給はとっても大事になってます。
なにせ1日に1万歩近く歩いてる仕事だからね。

 ペットボトルの飲料でも良いんですが、
1日に勤務時間中 2L以上水分取ってるので
毎日2〜3本買ってると、とっても不経済っぽい。

 そこでお世話になってるのが20160812_1.jpg
真空断熱ボトルの類です。

今使ってるのはこんな感じ。

 左3本のボトルは、象印のステンレスボトル。
480mlサイズ2本は、以前から使ってるモデルで
一ノ関にもたびたび持って行ってましたが、
山梨で同シリーズの350mlサイズを新たに購入しました。
現状、朝のコーヒー用です。
紙コップ自販機のコーヒーは少々足りないので、このサイズにしてます。
3本とも内側はテフロン加工なので、飲料全般でOKです。


 画像中央の3本は、今年購入のタンブラー。

 最初に買ったのは、右側のサーモスタンブラーで
雑誌やネットの評判が良かったので、蓋つきで購入したんですが
後から現物を見た瞬間「もしかして・・・?」と、購入した
左側2本のアスベル製タンブラー。
すこぶる性能が良いです。

 冷水での比較ですが、氷水を作って
サーモスとアスベルそれぞれのタンブラーに注いで
スティック氷1個を それぞれに落として放置したところ
サーモスの氷が無くなる時間(約5時間)でも、
アスベルの方は半分近くの氷の体積が残ってます。
開口状態でこれですが、蓋つきだと もっと差が開きます。
思わず色違いでもう一個買ってしまうほど。


 んで一番右のデカブツがアイスコーヒーメーカー。
普通のコーヒーメーカーじゃないのがニッチな製品の所以です。
氷の上に直接ドリップして、溶けた氷で冷やされた状態で完成する
「アイス」コーヒーメーカーです。
結構安定した味が出ますので、美味しいですね。


 タンブラーの方は、20160812_2.jpg
コンビニコーヒーマシンに
直接入れられるサイズをチョイスしてますので
(お店の人に断ってからね)
持ち運び用バッグも用意しました。
自転車で運ぶ際に、かごに入れたり
ハンドルにぶら下げたり。


とりあえずですが、結構使用頻度高いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ 

サーモス アイスコーヒーメーカー 0.66L バニラホワイト ECI-660 VWH

新品価格
¥8,700から




サーモス 真空断熱タンブラー JDE-420 フタ・ソコカバーセット ブラック 420ml[サーモス(THERMOS) タンブラー]【あす楽対応】【送料無料】

価格:2,700円




【数量限定】象印 ステンレスマグ 0.36L SM-JD36-BA ブラック[象印 ステンレスボトル 0.5L未満]

価格:1,980円




アスベル 真空断熱携帯タンブラーTL370 ブラック 3251

新品価格
¥1,689から





posted by BFN at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。