2014年06月18日

【日記・時計】01工具と教材〜時計修理技能士1級実技編レポート

 今年度も受験しますヨ。 ということで。

 残念ながら去年度の受験は不合格に終わりましたので
今回は2級の時よろしく「解説」などとはせずに「レポート」としたいと思います。
要望のあった一部の方には、通信教育チックに メールでの対応などしていきます。


 前提条件として2級の受験内容を書いた

2013年09月12日「ダイジェスト版 時計修理技能士2級 実技解説01」
から
2013年11月28日「ダイジェスト版 時計修理技能士2級 実技解説07」


および、[webChronos]のブログ

2013年07月03日「時計修理技能士 2級 実技編〜001」
から
2013年11月15日「時計修理技能士 2級 実技編〜015」

までの内容を実際にやってみたこととする。
と仮定しましょうか。


参考資料として以下のものを使用します。

オリエントの総合技術解説書:
  これはCal.46943が載ってるものは、まだ入手できていませんので
  手持ちの中で構造が近いCal.46940のページを参考にしたいと思います。

東京時計研究所テキスト:
  機械式時計の分解掃除組立の解説が画像付きでしてあります
  昭和40年代の資料ですが、油種やタイムグラファーの扱い以外は
  現在でも通用します。

社内注油資料:
  7S26の資料ですが、構造的に近い部分も多いので
  歩度調整や注油量の参考にします。

以上3つと、他に細かいところを別の資料で補う感じで。


 さて、まずは準備として前回の課題時計と、使用工具を準備しませう。

 時計はオリエントのCal.46943搭載機種を各自用意してもらいます。
私はヤフオクで中古品を入手しました。

工具として私が使用したものは20140618_1.jpg
リストにしました。
「自分の場合」は
どんなものを使うのかは
実際に試してみてください。



次回、外装はずしからモジュールのむき出し状態までの手順を扱います。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 


posted by BFN at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。