2014年05月29日

【日記・時計】 時計修理のお仕事6〜天賞堂 JALコラボレーション限定モデル クオーツクロノグラフ

 今週完了した事案を一つ。

 今回は、会社の同僚が取引先の20140529_1.jpg
社長さんから預かってきた
天賞堂 JALコラボレーション限定モデル
クオーツのクロノグラフです。

・・・オイ、何勝手に預かってきてんだ。

 依頼内容としては、20140529_2.jpg
電池交換を基本として、
外装のクリーニングと消耗品交換等。
加えて、時刻合わせまでです。

 ラグ部分にソースみたいなのが固着してます。
こいつがクリーニングの主対象か。
ボタン周りも皮脂がいっぱい。
竜頭周りだけ比較的きれいかな?

 裏蓋には20140529_3.jpg
「スクリューバックを回そうとした」
であろう
でっかいキズがついてます。
このレベルは研磨では消せないなー。
(スキル的にはできるけど、
設備的にはできない)

 んで、スクリューバック回そうとしたらしいところ、悪いんだけど・・・




























 このモデルって、20140529_4.jpg
「こじ開け」モデルなのよね。

 裏蓋の表示に「12時方向開ける」ように
指示が刻印してある。
ふつーの人はわかんないかな?

 というわけで、
回す仕様で無いものを回した様なので
裏蓋パッキンも交換です。

 電池は、いつもの20140529_5.jpg
マクセルの金コーティングモデル。
ミニッツリピーター機能が付いてるので
電池の品番末尾は「SW」出はなくて「W」です。



 外装クリーニング後、20140529_6.jpg
歩度測定して動作チェック。
ちょっと早いけど許容範囲。
というか、テスターが古い機械なので
数値が早めに出る?みたい。



 はい きれいになりました。20140529_7.jpg
時刻合わせは、ちと難儀だったけど
マニュアル見ながらなんとか。


電池交換 300円
パッキン交換 200円
外装クリーニング 1,000円
時刻合わせ プライスレス

合計 1,500円いただきました。


 ここで疑問が2つばかり。

 1つ目。 裏蓋のサインに使うペンについて。

 電池交換等をやった時に、業者よろしく 裏蓋にサインを入れてるんですが
以前使ってた マッキーの油性極細で軸径0.3mmでも 結構太く感じます。
製図用(?)の軸径0.05mmロットリングペンを最近使い始めたんですが
なにか他に良いのはないもんですかね?

 キズを入れることになるケガキはしたくないし
金属面で滲まないのがあると うれしいんだが。


 んで2つ目。 クオーツテスターの精度について。

 現在のテスターの精度って、なんとか わからんのかしら?
校正していない古い機械の場合、
その歩度表示がどの程度正しいのか わからないか?
と思うわけで。

 校正業者に頼んでも良いんだが
現状がどのくらいの精度で、校正から帰ってきたらどうなってるのか
確認できれば良いなぁとか思う。


ま、こんなこともやってます。 ってことで。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 

maxell[マクセル]金コーティング SR927W 酸化銀電池  5個

新品価格
¥900から



maxell [マクセル] 金コーティング酸化銀電池 SR621SW(364)  5個シート

新品価格
¥850から



【野中製作所】スクリューポンチ セット 時計ベルト穴に最適な1.2mmと1.5mm替え先付き

価格:3,240円
感想(22件)



「水銀・鉛0(ゼロ)」日立マクセル 時計用酸化銀電池5個セット SR516SW 317(SW系アナログ時計対応)金コーティングで接触抵抗を低減

新品価格
¥680から





posted by BFN at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。