2014年05月01日

【日記・時計】 時計修理のお仕事5

 今日片付いたネタを一つ。

 今回も会社の同僚から預かりました20140501_1.jpg
SEIKO のクォーツレディース。
モデルは結構古い感じ。
2針のシンプルなものです。

 ふつーに電池交換で済むかと思ったのですが
なにやら裏蓋のいろんなところに
キズがついてます。


 んで、キズのところにある隙間が、20140501_2.jpg
コジ開け溝かと思って
裏蓋を開けようとしたんですが、
なかなか開かない。

 何かおかしいな? と、観察してみると
どうもこの9時側にある溝は、
ドライバーを叩き込んだような四角い溝になっていて
本来のコジ開け溝では無さそうである。

更によくよく観察してみると、
12時側にあったキズも同様にコジ開け溝由来ではない。

 答えは6時側に20140501_3.jpg
比較的大きなコジ開け溝が
しっかりありました。
しかも無傷・・・・


 で、ここからは推定なのですが
裏蓋のサインからは、
過去に3回以上電池交換がされているらしいけど
最低2回の交換時には バンドに隠されたコジ開け溝を見つけることができず
「おのおのの経験に基づき」 ある時は12時側をテコで開けて
ある時は9時側にドライバーを叩き込み、無理やり裏蓋を開けたのではないかと。

 しかもサインの記載から、たぶん どちらも時計屋さん。

 何かを垣間見た気がするものでした。


 裏蓋の大きな傷は、研磨では難しそうだったので放置。
キズを何とかしたいなら、裏蓋の交換が現実的かなと。

 側面のキズは研磨して目立たなくしておきました。
ちょっとメッキ下の母材が出てしまいましたが
周りになじむ程度のミラー面にしておきましたので
目立たないかと。

 裏蓋と竜頭にはパッキンが無いモデルでしたので

電池交換 300円
外装クリーニング 500円
側部分研磨 200円

合計 1000円いただきました。

 今回のきっかけで、20140501_4.jpg
電池の常備化を実施(笑)
とりあえず過去2年間で
交換実績のある型番を
上限5個でストックしておこうと
思います。
どうも近所の量販店には
SR○○SWの型番はあるんですが
SR○○Wの型番は、あまり扱ってないみたいなんで、その対策でもあります。

 好きなんでマクセルの金コーティングモデル中心ね(笑)
機会があるたびに、種類は増えると思います。

 ダイソーとかの電池でも良いんでしょうけど
中華製電池は、液漏れのリスクが付きまとうので
(理由は自分で調べてみてくれ)
自己責任で依頼者に用意してもらう以外は使いません。


ま、こんなこともやってます。 ってことで。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 

日立マクセル 時計用酸化銀電池1個P(W系デジタル時計対応)金コーティングで接触抵抗を低減 SR41W 1BT A

新品価格
¥335から



日立マクセル SR41SW(384) 時計用酸化電池 1シート【5個入り】 マクセル maxell 逆輸入電池

新品価格
¥710から



maxell[マクセル]金コーティング SR927W 酸化銀電池  5個

新品価格
¥900から



maxell [マクセル] 金コーティング酸化銀電池 SR626SW(377)  5個

新品価格
¥650から



maxell [マクセル] 金コーティング酸化銀電池 SR621SW(364)  5個シート

新品価格
¥850から



maxell [マクセル] 金コーティング SR616SW(321) 5個

新品価格
¥850から



maxell[マクセル]金コーティング酸化銀電池SR521SW(379 5個入りシート

新品価格
¥680から



日立マクセル ボタン形酸化銀電池・2個パック(鉛フリー化) SR44 2BS C

新品価格
¥470から





posted by BFN at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。