2012年12月04日

【日記・時計】 ガラス管オイラーを作ろう〜2

 年末になると物欲が刺激されますな。
こんばんは BFNです。


 前回作ったガラス管オイラー。
オイルを充填してみたわけですが・・・会社で聞いた方法が 上手くいかん。

 かといって、諦めるほど素直な性格でもないので
自分なりに方法をカスタムしてみました。


 まずは、ノズルを一旦はずして20121204_1.jpg
呼び水・・じゃなくて呼び油として
スポイトで半分まで投入。




 次にガラス管に、20121204_2.jpg
ぶった切ったスポイトをぴったり嵌めて
ピペット的使い方で、
好きなところまでオイルを充填。
吸い切ったところで、
ちょうど良い高さになるようにします。
(誤って そこから吸ってしまわないように)

 んで、ガラス管を横にしたまま 先ほどのノズルに ひょいと嵌める。
ガラス管を立ててしまうと、液面が下がっていきますので 手早くね。

 ピッタリの分量を入れられるわけではないので
ちょっと溢れたり漏れたりしますが、その分は後でふき取ります。


 一応試作品として出来上がったんで、20121204_3.jpg
試しにプラ板に注油テスト。
ちょっと空気入っちゃいましたが、
運用には問題ないので続けます。

 目視で1cmの間に20箇所 油滴を打てました。
隙間が大きめですので、
1滴0.2mmってところでしょうか。
ほぼ同じ大きさで打てるし、始めと終わりの注油滴を大きく調整してみても上手くいきます。

とりあえず成功ですね。

ちなみに、このオイラー。
横に転がしても、逆さまにしても 液漏れはしません。
開放端ガラス管ですけど、表面張力恐るべし。 ですね。
(内径が太いと液漏れします)

 お好みでノズルのパイプ部分を20121204_4.jpg
曲げてもよろし。
ホゾ穴に上から注油したい人は、
こんなカスタムも良いですね。
私はやらんけど(笑)


 ついでのケーシング。20121204_5.jpg
ムーブメントをケースに
収めることではありませんけど。

 ホームセンター ホーマックなんかで売ってる
パーツケースをに入れてみました。
ノズルの収納ケースをきれいに切り取って、
ノズルの固定パーツにして、パーツケースの底面に貼り付けて
ロックタイトなんかを小分けして小瓶に入れたものと
オイルの小瓶なんかを 厚手の両面テープで固定すると
時計修理技能士 受験セットになったり。


 こちらはダイソーで20121204_6.jpg
ペンケースと定規セットを買ってきました。
中の定規セットを抜き取ると、
丁度良いケースになります。


 ここでちょいと予算的な検証。
中に入るオイルの量を計算してみると

ノズル部分でガラス管が入ってない部分を5mmとして
2.1mm×2.1mm×3.14×5mm≒69.2mm^3

ガラス管の内径が1.2mmで50mmまでオイルを入れたとして
0.6mm×0.6mm×3.14×50mm≒56.5mm^3

足して 125.7mm^3

1mL=1cm^3=1000mm^3

この時計用オイルは「メイビス9010」 2mLで3000円なので(驚)
このオイラー1本には (125.7/1000)×1500円=188.55円

 約200円か。 無駄になる分入れて300円くらいかな。

 でも、これ1本で 多分ホゾ穴10,000箇所以上注油できますから
個人的に使う分には・・・5年以上持つんじゃないかなー(爆)


 ま、これで道具が またひとつ増えました。
さて余りまくったガラス管とノズルをどうするべきか・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ 
posted by BFN at 23:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
BFNさん

ガラス管オイラーの完成、おめでとうございます。

会社で教わったオイル充填方法は、毛細管現象を利用した方法でしょうか?

オイル瓶にガラス管を直接差し込んで、スルスルと吸い上げる方法がうまく行かないとなると、自分のやり方もとん挫してしまいそうです。
Posted by NEEZ at 2012年12月05日 00:46
>NEEZさん
昔やってた人からの伝え聞きだったので
もうちょっと詳しく実態を調べてみるつもりです。

間が開きますが「ガラス管オイラーを作ろう〜3」ですかね。
Posted by BFN at 2012年12月05日 10:04
ガラス管にオイルを入れる方法ですが、
こんなのはどうでしょう?

ガラス製スポイトのゴムの部分を外して、
ガラス管のエンドに付け、オイルを吸い込む。

ゴムは簡単に脱着できるように、
また外すとき充填オイル量に影響を与えないよう、
出来る限り浅く嵌め込めばできるかもしれません。

もちろん、サイズが合えばですが。
Posted by NEEZ at 2012年12月05日 12:51
すでに穴径5mmのゴムスポイト
発注かけてますわ。
考えることは一緒ですな(笑)
Posted by BFN at 2012年12月05日 16:39

>すでに発注

デスヨネー(笑)

自分も値段を調べたのですが、
100円とかそんな値段だったので、
失敗しても痛くも痒くもないですね。
Posted by NEEZ at 2012年12月05日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック