2010年11月13日

【日記・お仕事?】 勉強会3日目

 良い天気だった。
風は冷たいが 穏やかで 空は晴れ渡り
岩手山は 雪化粧を纏い 日々 頂上から裾野に向かって白くなっていく・・・

 そんな中で勉強会(笑)


 今日の実技は 「針付け」。
磔ではないので、間違えないように。(ダレが)

 前回のモジュール部分の分解・洗浄・注油・組立・測定 は
最初の20分で復習。 はい、終わり。 で、別な時計に取りかかる。
なんというスパルタ。

 製品として売られている時計を渡されて
歩度測定のやりかたからスタート。
 歩度測定ってーのは、その時計が1日に何秒ずれるかを測定するもの。

 んで、終わったら バンドをケース(時計の本体)からはずして
裏蓋を開けて、竜頭(時計の調整したりするボタンみたいなヤツ)を抜いて
モジュールを取り出す。

 今回は、このモジュールを分解するんじゃなくて
このモジュールについてる 文字盤と時針をはずして、また取り付ける作業。

 ただくっつけるだけじゃなくて、カレンダーとかと合わせる形で
針を位置調整しながらくっつけていく作業。
 んー、ちゃんと理論に基づいた組み立て方があるのね。
知らなかったことが多いわ。 


 とりあえず、まだ今年度の課題時計は発表されてないので
想定される機構の学習だけだけど
思ったより密度の濃い学習が続く。

 次回もがんばろー。


posted by BFN at 23:39 | Comment(0) | お仕事> 検定・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。