2013年11月28日

【日記・時計】ダイジェスト版 時計修理技能士2級 実技解説07

 2013年度の実技課題時計 発表になりましたね。
当たって欲しくなかった オリエントの46943でした。
(去年までセイコー7S26)
クォーツは変わってませんでしたね。

溜め込み始めた経験値が崩れるのを感じます。
そして、新しい困難にワクワクしてる自分もいます。

「ジャッジはドM」という名言が頭に浮かびます(笑)
さて、あらためて時計の入手から行きますか。



今回は裏輪列の組み立てと注油です。

分解は素直にできる部分ですが、組み立ては要所にトラップ(笑)があります。
それでも時計としては比較的簡単な部類ですので
「壊さないように」だけ心掛けましょう。

7.裏輪列組み立て+注油

7−01 地板:注油2013_2kyu_12_01.jpg

 矢印の3か所に日車のガイドに沿って
 窪みがあります。
 ここに注油。 油溜りを作ります。

 それと第二カレンダー修正伝え車が入る窪みと
 筒車パイプ部に注油しておきます。

7−02 日回し車

7−03 筒車
 
7−04 第二カレンダー修正伝え車

7−05 カレンダー修正車

7−06 日ジャンパ:注油

 日ジャンパはバネになっているので、跳ばさないように。

7−07 日車2013_2kyu_12_04.jpg

 そのまま上から嵌めようとすると、
 日ジャンパの噛み合い部分が邪魔して
 嵌めることができませんので工夫が必要です。

 日ジャンパの時に言及した
 プラスチックの段差がつぶれていると
 何回やっても日ジャンパが跳びますので
 日ジャンパ・・・結構注意が必要です。

7−08 日車押え2013_2kyu_12_05.jpg

 入れる順番は、外すときの全く反対の手順です。
 ステンレス板に記載のポッチ3か所を押しながら
 右回しに3か所、引っかけ部分に入れ込んでいきます。
 
 裏表は・・・間違えませんよね?

 しっかり嵌め込んだら、竜頭を1段引いて
 日車が回ることを確認します。

 日ジャンパがカタカタ言いながら 小気味良く回るのを初めて見ると
 ちょっとテンション上がります。(<私だけ?)

7−09 曜修正伝え車

7−10 曜車2013_2kyu_12_07.jpg

 裏周りで一番癖のある曜車の組み付けです。

 曜車の歯車外周付近に開いている
 2か所の貫通穴から確認しながら
 曜修正伝え車にも嵌め込んでいきます。

7−11 曜車止め座

7−12 文字板

 最後に文字板の足を圧入して終了。
 文字板の表面に 指紋とか汚れはつけないように注意。



 裏輪列終了。
 
 さて次は・・・要望があったら「針付け」の説明しますか。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
posted by BFN at 22:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月24日

【モンコレ・大会】 岩手TCG推進部隊コンベンション2013-弐拾弐

 さて、年内に片付けるものを なんとかせねば。
こんばんは BFNです。


 朝は雨で湿度高めな中を進軍。
途中、電車が濃霧のため徐行運転したため、一関に遅れて到着。
そんなこともある。

 会場の鍵を借りる際、前回大会時にお知らせを受けていた
「忘れ物がありました」との連絡について聞くと
「メモリーカードを忘れませんでしたか?」とのこと。
見せてもらうと、見覚えのないSDカード。
どうも私ではない。
心当たりが無い旨伝えて、会場へ向かう。


 次々に参加者が来場して、大会開始。

午前の部、ジャッジ主催ショップ大会 オープン 14名参加。
 魔剣デックで保坂くん優勝。

午後の部、ジャッジ主催 ブランニュー大会 ブランニュー大会 14名参加。
 ハーピィデックであおくん優勝。


 1戦目、マドゥの制限について少々勘違いがあり、ドキドキの保坂くん。
ちょっと周りの反応も面白かったです。

 午後のブランニューは、歌姫だらけだった前回のネオスタンダードにくらべ
ハーピィ、ディアブロ多めのブランニューになりました。
ちと予想外。

 個人的には、トレードが一気に進み、ちょっとホクホク。
今回のカートン買いは、正解だったと改めて思う。
次回も良い結果にしたいものだ。
(サッサと予約しろよ 俺)

 大会途中、会場に入るドアのノブが取れるハプニングが発生。
イモネジが取れてたので、手持ちの六角レンチで修理する。
なんでそんなもん持ってるし、俺(笑)


 帰宅後、通販を頼んでいた クッションとアイロンペーパーが届いていた。
明日は計画年休をいただいているので、ゆっくり造形(?)活動を
いそしみましょうか。 

にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ 

2013年11月18日

【日記・日常 】 はじめての長財布

 土曜日は会社都合もあって、仙台行けませんで
日曜日はふてくされて、のこぎり持って木に登ってました(謎)
こんにちは BFNです。

 ここしばらくで新規購入した物の一つ。
お財布を新調していました。

 きっかけは、10月大会時。
ポカリっちの財布が壊れたので、スナップ部分を直せないか相談されたこと。
スナップ部分が周りの革ごと取れていたので、
付け直し程度では直らないと判断しましたが
以前より気になっていた長財布を 自分も使ってみようかしら?
と相成りました。
今までは、二つ折り、小銭入れはスクェアポケットのタイプです。

 選択方向としては、 薄手の折り畳み型の携帯性か
ラウンドファスナー型の収納性か で検討してみましたが
結局 財布に入れてるものが多かったので
まずはラウンドファスナー型を買ってみることにしました。

 選択したのは Decorosoの馬革ブラック。 通販です。



初めて使うので、あまりお高いのは買わずに、手ごろなもので慣れてみよう
というところ。

 箱入りで届きました。20131118_1.jpg
ブランド銘がシンプルに入ってます。





 梱包は簡素だけど十分。20131118_2.jpg
不織布で包んできてますが、
最近の流行なのかしら?
そんなのが多いような・・・



 札入れが基本サイズなので、20131118_3.jpg
ちと、大きめに感じます。
しかも厚い。




 革の質感は気に入りましたが、20131118_4.jpg
キズ・・入りやすそうです。
縫い目も 糸が細めで目立たない感じです。
この辺は好みが分かれるかな。



小銭入れ1、札入れ4、カード入れ820131118_5.jpg
の蛇腹収納スペース。
結構入りますね。




使ってみての不満点の一つ。20131118_6.jpg
小銭入れが やたら硬い。
開きが狭いので、
小銭の額面判断が しにくいです。
これまで一目でわかるスクェアポケットだったのと
ギャップがあります。
慣れれば なんとかなるものなんだろうか?


とりあえず、結構な厚さがあるので小さなカバンみたいな扱いが正解みたい。
上着の内ポケットとかに入れるものではありませんね。

収納性とかは気に入ってますので
致命的なことが起きるか、壊すまで使ってみようかと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ 
posted by BFN at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

【日記・時計】ダイジェスト版 時計修理技能士2級 実技解説06

表輪列を組み立てていきましょう。

注油部分は、油が無色に近いこともあって写真に写りにくいので
黄色い点で書き込んであります。

それと、基本的にテクニカルガイドに指示の無い部分にも注油しています。
なので、「ここに注油する指示は無いので、納得できない」という場合は
注油しないでください。

理由があって注油していますが、それはその人にとって正解では無かった
ということで。

6.表輪列組み立て+注油

6−01 地板:注油
 おしどり軸、小鉄車ダボ、日の裏車下穴(の内側)
 などに注油します。
 後述するニ番車のスリップ部への注油量次第で追加注油も行います。

6−02 電池マイナス端子

6−03 電池絶縁板

6−04 二番車:注油2013_2kyu_11_03.jpg
 組み付ける前に、
 歯車と中心パイプとの摺動部であるスリップ部と
 中心パイプのハチマキ部に注油します。

 組み付けた後に 
 中心パイプのハチマキ部の反対側上面
 四番車との摺動部にも注油します。

6−05 第一カレンダー修正伝え車

6−06 つづみ車:注油

6−07 巻真:注油2013_2kyu_11_07.jpg
 
 第一カレンダー修正伝え車と
 つづみ車を崩さないように
 巻真を組み付けます。

6−08 かんぬき:注油
 かんぬきを組み付けてから
 おしどりとの接点に注油します。
 かんぬき自体、板バネのように働いてるので、組み付けしにくい部品です。
 跳ばないように注意しながら組み付けます。

6−09 おしどり

6−10 ステータ

6−11 コイルブロック
 どれも裏表を間違えないように。

6−12 コイルブロックネジ
 断線注意。 指でコイルをカバーしながら。

6−13 規制レバー:注油2013_2kyu_11_09.jpg
 裏表を間違えないように。
 組み付ける場所は、
 しっかり覚えておきましょう。
 地板の形状でも判断できるので、
 覚えておくとわかりやすいです。


6−14 小鉄車2013_2kyu_11_11.jpg

6−15 日の裏車

6−16 ローター

6−17 五番車

6−18 三番車

6−19 四番車:注油
 下ほぞ付近のそろばん玉に注油してから組み付けます。
 2013_2kyu_11_13.jpg
 表輪列が仮に組み上がりました。
 日の裏車、ローター、五番車、
 三番車、四番車の上ほぞに注油します。
 ほんのちょっとで良いです。
 輪列受けの上からも注油できます。

6−20 輪列受け:注油2013_2kyu_11_14.jpg
 位置を合わせながら、上からかぶせて
 矢印の 上ほぞ穴 に各輪列のほぞが
 入ったことを確認しながら
 慎重に押し込んでいきます。
 だいたいの位置があっていれば、
 ほぞ穴はテーパーになっているので
 自然に嵌ります。無理に押し込むのは厳禁です。

 このはめ込みが苦手な人が多いように感じます。

6−21 回路ブロック
 ダボにしっかり押し込みます。

6−22 電池プラス端子
 位置と方向は、電池を入れる部分の形状で判断するとわかりやすいです。
 2か所のフックを上から押し込んで、カチッとなるまで嵌め込みます。

6−23 電池プラス端子ネジ
 受けはプラスチックの地板なので、力加減は忘れずに。


 これで表輪列の組み付けは終了です。
 見事に分解の逆手順になってますが、注意点が増えてますね。

6−24 動作、消費電流確認
 表輪列が組み上がったので、作業に不具合が無いか確認します。
 具体的には
 四番車、二番車をピンセットでつついてみて他の輪列が動くことを確認。
 電池を入れてみて、正常に動くことを確認。
 巻真を操作してみて、0段、1段引き、2段引きで 
 日の裏車含む各輪列とおしどりが動くことを確認。
 0段にして、消費電流を確認。

 この段階で どれか1つでもダメなら
 原因はいろいろありますが
 基本的に地板まで分解、洗浄、乾燥、組立、注油をやり直しになります。
 構造的によく理解できていれば、必要箇所のやりなおしだけで済みますが。

 最後に毛ゴミなど無いか確認して、きれいな状態にしてから裏輪列に移ります。
 次回裏輪列と注油について。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ 
posted by BFN at 12:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

【モンコレ・大会】 岩手TCG推進部隊コンベンション2013-21号(深い意味は無い)

 いよいよ本格的に寒くなってまいりました北東北から
こんばんは BFNです。


 朝から雨模様の中、前回とは違った紙束を持って進軍開始。
保坂くんから半年分の履歴を頼まれてたのです。

 知ってる人も すでに多いですが
一関大会では、保坂くんが プレイヤーの年間成績とかの
対戦履歴をまとめて個人成績として渡してたりします。
今日は、それに使用する元データを持ってくるように頼まれてたのです。


 一関に着いて、会場を準備するが
またしても机がベタつく・・・ なんかジュースっぽいものが溢れてる。
いったい何に使ったんだろう。
最近多いなぁと思いつつ、机拭きふき。
そして施設利用レポートに書き込み(笑)


 遅れてくる人、デック忘れてくる人、参加費忘れてくる人、参加費に諭吉さんを出す人
色々居る中、本日の結果。


午前の部、ジャッジ主催ショップ大会 ネオスタンダード 12名参加。
 歌姫デックで3rdさん優勝。

午後の部、ジャッジ主催 ジオテランの歌姫 発売記念大会 8名参加。
 かわろさん、はぐれ召喚術師くん それぞれポッド優勝。


 午前の部では上位3名が全部歌姫とか。
組みやすさも手伝ってか、猛威を振るいました。

 発売記念大会では、VFが出るも ボルカノさんだったため
ピックがされずにぐるっと回る悲劇(笑)


 帰りに、予定通り会場の確保(予約)を無事済ませて帰宅。
盛岡に着くと19時を回り、底冷えする寒さになってました。
もう冬と言っても過言ではない。


 来週は仙台にいきたいところだが、まだ確定できないのが辛いところ。

にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ 

2013年11月02日

【日記・日常 】 炊飯土鍋でご飯

 たまにご飯を鍋で炊いたりするんですが
ここのところ炊く時には手鍋を使ってました。

 白米を炊くだけならそれで良かったんですけど
ここ数年は、玄米4割、大麦1割の変則半玄米を主食にしていたので
ちょっと手鍋では上手く炊けませんでした。
吸水率が全く違う 白米、玄米、麦 を混合で炊くのは
ちと難しいです。
炊飯器で炊く分には簡単なんですがね。


 そこで以前から注目していたのが土鍋炊飯。20131102_2.jpg
炊飯専用のヤツが欲しかったので、
機会を見て買おうかと思ってましたので
今回「炊飯土鍋 二重蓋 四日市ばんこ焼」買ってみました。

 選択ポイントは 3合炊か4合炊、丸底、二重蓋 の3つ。
炊き込みや大型の具材と炊くことを考えたチョイスです。


 買ってみて早速 とぎ汁を煮立てて目止め。20131102_1.jpg
いきなり半玄米炊いてみましたが、
目分量だったため失敗(あたりまえ)
水分量を加減しつつ3度目にして ちゃんと炊けました。

 水蒸気の抜け方がいいですね。
しっかり炊けてます。

 米粒も潰れておらず20131102_3.jpg
玄米もしっかり軟らかく炊けました。
炊飯条件を玄米に合わせて、
水分量を白米と玄米の間に取る感じですか。
覚えましたよー。


 試してみて、表示は4合炊とのことでしたが、
噴きこぼれを考えると3合炊までにしておくのが正解みたい。

停電時には使うことになると思うし
今後は炊き込みご飯とかにも、こいつを使って行こうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ 


posted by BFN at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。