2012年12月22日

【モンコレ・大会】 岩手TCG推進部隊コンベンション2012-にぃさん!(違

 今日はひどく忘れ物が多い日でした。
こんばんは BFNです。


 天気予報では、特に雨など降りそうになかったので
駅までふつーに移動したら、なんか手が冷たい。
おぅ、手袋忘れた。

 そのまま電車にて進軍開始。

 途中、普段のカバンより隙間が多いことを気にしてたら
大会用のプレイマットが入っていないことに気がつく。
おぅふ、プレイマット忘れた。

 一関到着後、会場開錠開場で、もくもくと設営準備を進める。

 10時近くなってから、予約していた竜神殿の巫女を取りにアイテムさんへ行き
急いで帰ってきた後に、受付を始めようと大会報告用紙を取り出すと
対戦記録用紙とデック記録用紙が無い。
おぅっふ、対戦記録用紙忘れた。

仕方が無く予備の対戦記録用紙を取り出して切り分ける。
ギリギリ数は足りそうだ。


 そんな感じで、なんらかのスタンド攻撃を受けたに違いないと思いつつ大会開始(笑)
結果。

午前の部、ジャッジ主催ショップ大会 オープン 12名参加。
 スコーピオンデックであおくん優勝。

午後の部、ジャッジ主催ブランニュー大会 12名参加。
 夢魔デックであおくん優勝。


 ふにふにさんやら、すっちーさんやら、久しぶりの顔ぶれも有り
非常にもりあがった大会になりました。

 グミ部健在也。20121222_1.jpg


 ふにふにさんへ色々トレードやら
頼まれものやら物々交換し
今年もお年玉プレゼント用の品々を
提供してもらい、感謝の限り。
プレゼントの内容が、軽くモンコレにかけてあって
エスプリが効いてるのがいい感じです。
この辺のセンスは、私にゃ無いなー。


 大会終了後、いつものように1パック勝負。
保坂君のみ極稀を引いて勝利するも、多数稀引きで
残数が極稀に違いないと、素早く静かにレジへ持っていく私。

 このことを忘年会の間、ネタにされ続けました。
引きが良かったたんだもん。


 忘年会は、飛び入り含め11人参加。20121222_2.jpg
料理品数が若干少なめだったことが
不満の種にはなりましたが
大いに酔っ払い、騒ぎました。

 恒例の、「通信簿」を受け取って、
いつもの年間総決算でした。

 これぞ忘年会。

 声がやたら大きくなっていたふにふにさんとFAKEさんが
印象的でしたが、そんなこともあるもんだとスルー。

 帰りの電車の中でも、同じことを繰り返し言い続ける
お年寄りのようなFAKEさんは、年に一回の風物詩か。
20分あればほろ酔いも醒めるのが私なので、聞き手に回るのもいつものこと。


 また機会があれば、是非飲みましょう。

にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ 

2012年12月20日

【日記・日常】 いただきものは美味いのダ〜ファミマのプレミアムチキン

 というわけで(何が) いただきましたので早速食してみました。
こんばんは BFNです。


 先日「チキン食わんかね?」なメールが届きましたので
「いただきまする」と答えたら、今日届きました。
(語弊がある)

 事情はこちら。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1884997370&owner_id=15781793


 んで、早速 箱をあけてみたら存外デカイ。20121220_1.jpg

 冷凍で届きましたが、
廊下に置いておけば
保存環境が維持できるこの季節。
今朝も廊下に置いておいたキャベツが
凍ってましたよ。


 推奨調理法は、揚げるか電子レンジ とのことなので
余計な油を入れなくても良いか。 と電子レンジをチョイス。

 袋を切り開いて電子レンジに入れよ との指示だったが、袋がデカくて回転皿が回らん(笑)
一応我が家のオーブンレンジは32Lサイズなのだが・・・

 仕方がないので、お皿に盛ってラップしてチン。
えーと、5本の推奨時間は・・・ 600Wで8分ですとぉ!?
どんだけ加熱すんダヨ。

 で、言われた通りやらずに 20121220_2.jpg
オリジナルに走るバカが一人。

 まず140Wで6分ほど解凍してから、
600Wで一気に加熱。
積算で600W 8分に合わせてみたつもりなんだが・・・
湯気は出れども、中身はちょっと冷たい。
凍りすぎ?

 致し方無いので、加減しながら追加過熱。
熱が通ったのを確認して、出来上がりです。20121220_3.jpg

 良い香りも相まって、美味しそうです。




 肉汁と表面油の混合物ですが、20121220_4.jpg
すげー量です。
カリカリのフランスパンを
浸したいところです(笑)



 肉離れも良く、じゅーしー。20121220_5.jpg

 正直、コンビニモノと侮ってましたが
これは お値段以上かもしれない。

 解凍→電子レンジ加熱 だったので、
肉汁たっぷりの シットリ気味に
上がりましたが
高温の油で行けば、外側がカリッとした濃縮味の感じになったかもしれないので
そこはお好みですかね。

 1本目は 素で。
 2本目は 少量のケチャップで
 3本目は 黒胡椒追加で
 4本目は 七味タルタルソースで
 5本目は また素で
それぞれいただきました。

 ご馳走様でした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ 
posted by BFN at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

【日記・時計】 ダイソー謹製(?)時計工具

 なんか朝5℃→昼2℃→夜0℃とか。
日が昇ると気温がさがるという。 ある種怪奇現象。
こんにちは BFNです。


 えー、前回ちろーっと書きましたが どうしても気になったので買ってきてしまいました。
ダイソー扱いの時計工具類。
無駄遣いも歩度ほどに。(<誤字)

 このくらいが1050円で買えました。20121218_1.jpg
ま、方位磁石は用途違いで、
磁化チェック用ね。
んでもって、各工具を簡易評価。


 まず「腕時計用 電池交換工具」
 「こじあけ」ね。(左から2番目)
研磨は容赦なくやってるようで、もうすっかり刃物です。
焼き入れ鋼・・では無い?みたい。

 パッケージの背のボール紙が20121218_2.jpg
使用説明書になってます。
・・で、裏蓋はどうやって閉めるのか
 ってーと、手で閉めろと。

 一応閉め方は書いてますが、
この方法で閉められるのは一部かな。
そもそも、この閉め方だとパッキンが危ない。


 んで、次に「金属ベルト調整工具1と2」20121218_3.jpg
「小ハンマー」は鋳物ですね。
白い部分はプラスチック。
硬質ゴムじゃないんだ。
プラ部分は、あんまり硬くなく
キズはつけ難いかもしれないけど
耐久性も低いでしょう。
でも専用のピンを叩く分には問題なさそう。

 「ネジ式ピン押し」は替え針も付いててお徳感高し。
でも針は軟らかいかな?
面ダレしたら終わりっぽい。


 今回チェックのメイン(笑)20121218_4.jpg
「電池交換工具」の「スクリューオープナー」。

 I型で爪は円柱形。 替え爪はなし。
エッジ加工はダレてますので、
慎重に使わないと裏蓋にキズをつけそう。
でも普通に使う分には大丈夫かなと。
「ナイフ形こじ開け」は、これまた刃物。
どうりでパッケージが ホチキスでガチガチだったわけだ。


 付属の「キズ見」は倍率3倍くらいかな?20121218_5.jpg
焦点距離が かなり近い感じがしたけど、
電池の型番を読むくらいなら十分か。
これで315円なら全然OK。


 総合的には、値段以上の性能があると
感じました。
専門的に見ると物足りないでしょうが、
使い方がわかる一般の人なら、これで十分かもしれません。
飽くまでも高級時計以外で、ですが。


 ま、
  外装部品にはキズを入れないように気をつけてね。
というのと
  裏蓋を閉めるときはパッキンに注意。
といったところでしょうか。


 飽くまでも、バンド調整も電池交換も 道具のせいにしないで、自己責任ね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ 
posted by BFN at 15:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

【日記・時計】 バンドの駒詰め

 -10℃近くから0辺りまで最低気温が変化すると、路面が光る・・
危ねぇって。 こんにちは BFNです。


 本日、モニター販売の時計が届きました。20121214_1.jpg
まー、お高いのはありませんが、
内1本はお年玉プレゼント用ってことで。


 んでもって当然ながら、
同じ職場の方々も買ったわけですが
時計会社ではあるけれど、
時計を作っている部門ではないので
バンド(ベルト)の調整とかできない人も多いです。

 なので、私のようにやれる人は
頼まれれば、その場で駒詰めして調整しちゃいます。


 今回は女性用ブレスレットタイプ。20121214_2.jpg
特に変な仕様ではないので、基本通り。

 左上のある帯状の紙紐で、
持ち主の腕周りを写し取っておきます。
コイツをもとに調整していくわけですね。
所有者が遠隔地にいてもできる方法です。


 ま、ふつーにピンを抜いていきます。20121214_3.jpg
今回は12時側から1駒、6時側から2駒抜きます。





 こんな感じ。20121214_4.jpg
割りピンですね。
ヘアピンとか呼んだりもしますけど。




 中留(バックル)を開いた状態で20121214_5.jpg
四角くなるようにバランス取り。
こうすると、日本人の楕円形断面の腕周りに
フィットします。
(諸説、好み 有り)

 実際に装着してもらって、微調整して完成。
ま、15分作業ですかね。

 最後に拭上げしてお渡しします。
これ基本ね。
追加で2人分もやって、駒詰めはおなかいっぱいです。


 こないだダイソーでプラケースを物色していてビックリしましたが
これらのバンド調整や電池交換用の工具。
売ってましたね。

 パッと見だったので、強度とか精度とかは不明でしたが
スクリューオープナー、こじ開け、ピンセット、
小型ハンマー、ピン抜き、ピン抜き台、ネジ式ピン抜き、キズ見
この辺りは一通り揃うみたいでした。

 世の中変わったなー、とカルチャーショック。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ 
posted by BFN at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

【モンコレ・大会】 岩手TCG推進部隊コンベンション2012-にぃにぃ

 素で吹雪の中の雪中行軍を体感できる。20121209_1.jpg
そんな一関大会は嫌だ。
こんばんは BFNです。


 そなわけで今日は寒いわ雪だわ滑るわ
(電車が)遅れるわ大変でしたね。
まぁ、秋田とか青森とかよりはマシなんでしょうけど。


 んで今日の結果。

午前の部、ジャッジ主催ショップ大会 ネオスタンダード 10名参加。
 アンネロビーストデックで保坂くん優勝。

午後の部、ジャッジ主催 非公認 ネオスタンダード 10名参加。
 夢魔デックであおくん優勝。


 グミ部健在(笑)20121209_2.jpg
若干ソフトキャンディー部へ
趣旨変えしそうな人がいましたが
ソフトキャンディーって、
種類あるのかな? 飴部?
(論点がずれてる)


 さて、しばらく悪天候が続くか。

にほんブログ村 ゲームブログへ にほんブログ村 ゲームブログ トレーディングカード(ゲーム)へ 

2012年12月07日

【日記・日常】 地震・久しぶりに強い揺れでしたね

 とりあえず復旧。 こんばんは BFNです。


 仕事がひと段落して休憩を取ろうとしたら
職場内の携帯端末が一斉に鳴り響くと
ほぼ同時に強い揺れ。

 久しぶりに震度5弱の盛岡でした。

 それでも皆さん慣れたもので、素早くドアを開放し、避難路を確保。
机の下に避難しつつ様子を見て、揺れが収まってから外に向かって移動。
それはもう危険など感じないほど あたりまえのような動きでした。
騒いだりパニックにすらならない。


 町の様子も、特に大きな騒ぎは無く、停電もなども無し。
ただ、パトカーや救急車のサイレンは鳴ってましたので
被害はあったのがうかがえました。


 私自身はと言うと、帰宅後
数秒呆然としつつも、崩壊した東単行本山脈を修復して 今に至ります。
崩れたのは東単行本山脈。 「いれと庫」連峰です(笑)

 「いれと庫」は、前回の大きな地震の時は びくともしなかったのですが
今回は、箱ごと崩れてしまいました。


 原因は積みすぎ。


 やっぱ頑丈だからって、8段とかは積みすぎでしたね。 要反省。
いれと庫のプラスチックボックスも、だいぶ割れたりしてしまいましたので
交換も含めて対応していく所存です。

 最近、震度3前後の地震が続いてたので
いやな予感がして、食料と灯油は備蓄してましたが
被害が少なめで良かったです。

 打たれ強くなったもんだな 東北人。
 

・・・・寝てる時じゃなくて良かった・・・
命の危機だったやもしれん。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ 
posted by BFN at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

【日記・時計】 ガラス管オイラーを作ろう〜2

 年末になると物欲が刺激されますな。
こんばんは BFNです。


 前回作ったガラス管オイラー。
オイルを充填してみたわけですが・・・会社で聞いた方法が 上手くいかん。

 かといって、諦めるほど素直な性格でもないので
自分なりに方法をカスタムしてみました。


 まずは、ノズルを一旦はずして20121204_1.jpg
呼び水・・じゃなくて呼び油として
スポイトで半分まで投入。




 次にガラス管に、20121204_2.jpg
ぶった切ったスポイトをぴったり嵌めて
ピペット的使い方で、
好きなところまでオイルを充填。
吸い切ったところで、
ちょうど良い高さになるようにします。
(誤って そこから吸ってしまわないように)

 んで、ガラス管を横にしたまま 先ほどのノズルに ひょいと嵌める。
ガラス管を立ててしまうと、液面が下がっていきますので 手早くね。

 ピッタリの分量を入れられるわけではないので
ちょっと溢れたり漏れたりしますが、その分は後でふき取ります。


 一応試作品として出来上がったんで、20121204_3.jpg
試しにプラ板に注油テスト。
ちょっと空気入っちゃいましたが、
運用には問題ないので続けます。

 目視で1cmの間に20箇所 油滴を打てました。
隙間が大きめですので、
1滴0.2mmってところでしょうか。
ほぼ同じ大きさで打てるし、始めと終わりの注油滴を大きく調整してみても上手くいきます。

とりあえず成功ですね。

ちなみに、このオイラー。
横に転がしても、逆さまにしても 液漏れはしません。
開放端ガラス管ですけど、表面張力恐るべし。 ですね。
(内径が太いと液漏れします)

 お好みでノズルのパイプ部分を20121204_4.jpg
曲げてもよろし。
ホゾ穴に上から注油したい人は、
こんなカスタムも良いですね。
私はやらんけど(笑)


 ついでのケーシング。20121204_5.jpg
ムーブメントをケースに
収めることではありませんけど。

 ホームセンター ホーマックなんかで売ってる
パーツケースをに入れてみました。
ノズルの収納ケースをきれいに切り取って、
ノズルの固定パーツにして、パーツケースの底面に貼り付けて
ロックタイトなんかを小分けして小瓶に入れたものと
オイルの小瓶なんかを 厚手の両面テープで固定すると
時計修理技能士 受験セットになったり。


 こちらはダイソーで20121204_6.jpg
ペンケースと定規セットを買ってきました。
中の定規セットを抜き取ると、
丁度良いケースになります。


 ここでちょいと予算的な検証。
中に入るオイルの量を計算してみると

ノズル部分でガラス管が入ってない部分を5mmとして
2.1mm×2.1mm×3.14×5mm≒69.2mm^3

ガラス管の内径が1.2mmで50mmまでオイルを入れたとして
0.6mm×0.6mm×3.14×50mm≒56.5mm^3

足して 125.7mm^3

1mL=1cm^3=1000mm^3

この時計用オイルは「メイビス9010」 2mLで3000円なので(驚)
このオイラー1本には (125.7/1000)×1500円=188.55円

 約200円か。 無駄になる分入れて300円くらいかな。

 でも、これ1本で 多分ホゾ穴10,000箇所以上注油できますから
個人的に使う分には・・・5年以上持つんじゃないかなー(爆)


 ま、これで道具が またひとつ増えました。
さて余りまくったガラス管とノズルをどうするべきか・・・

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ 
posted by BFN at 23:20 | Comment(5) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

【日記・時計】 ガラス管オイラーを作ろう〜1

 なんかすげー寒く感じるんですけどー
こんばんは BFNです。


 さて、以前から時計ネタに触れるたびにチョコチョコ書いてましたが
本日やっと、発注かけていたガラス管が届きましたので
とりあえず 「ガラス管オイラー」 試作です。


 まずはガラス管。20121130_1.jpg
ふつーのものに見えますが、
外径5.0mmで肉厚2mm弱の特殊管だったりします。
(ふつーの理化学ものは、肉厚1mm)

 手にとって後悔したのは、
長さ10cmカットでお願いしてしまったこと。
・・・15cmで頼むべきだった。 ぐぬぬ・・


 先端のノズル差込口は、20121130_2.jpg
内径4.2mmなので
0.8mmほど外径を削りたいわけですが
旋盤とか気の利いたものは
持っていないので、ハンドドリルで代用します。
よい子はまねしちゃいけません。

 当然開放端なので、センター出しができません。
ので、写ってはいませんが ため木みたいなものを使ってます。
で、ダイヤモンドヤスリでゴリゴリ。


 見え難いですが、若干テーパーをつけつつ、20121130_3.jpg
ノズルを当てて様子を見つつ
最後に1000番のダイヤモンドで仕上げ。




 ノズルを圧入気味に差し込んで、20121130_4.jpg
傾きを直して 一旦完成。
差し込んでるだけですが、
ヤスリ面のひっかかりもあって
それほど抜けやすくもありません。

 やっぱ、ちょっと短いかなー・・・


 お次はお手軽なシーリングバージョン。20121130_5.jpg
使うのは外径4.0mmのガラス管で、
ノズルにはちょっと緩いサイズです。
なので、水道管なんかに使う
シールテープを隙間埋めに使います。
ちなみに、こっちも一緒に頼んだ特殊管。

 とりあえずシールテープを5mm幅にカット。


 隙間は0.2mmしかないので、片側0.1mm。20121130_6.jpg
テープを延ばしながら2周巻きます。





 これも圧入気味に差し込んで完成。20121130_7.jpg
こちらは、材料さえあれば
正味2分作業ですね。
懸念していたグラつきもなく、
しっかりしたものです。


 先端アップはこんな感じ。20121130_8.jpg

 5mm管の良いところは、
パーツ数2の単純なもので
先端ノズルの交換やオイルの充填作業が
比較的楽にできること。
それと、4mm管よりも
オイルの充填量は多いです。

 4mm管の良いところは、なんといっても手軽に作れること。
先端ノズルの交換や オイルの充填作業時には
毎回シールテープを貼りなおす必要がありますが
1回の充填で500回以上(1回の量にもよりますが)注油ができるので
あんまり負担というほどでもない。

 シールテープもガラス管も 比較的入手しやすい規格なのも良いですね。


 とりあえず作ってみましたが、
使用感とか、注油時の出量とかは、これから調整ですね。

 もしかして使用感とか 試して見たい人いるのかしら?


 次の機会は こいつのオイルの充填作業と
使用方法、ケーシングについて語ってみようと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 盛岡情報へ にほんブログ村 その他趣味ブログへ 
posted by BFN at 00:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事> 時計やおよろず | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする